コーヒーエネマとは

マックス・ゲルソン博士

コーヒーエネマとは、専用のキットを使ってお尻の穴からコーヒー液をチューブで流し込み、その後それを一気に排泄して、老廃物が溜まりやすい大腸の左側部分の汚れを落とす、腸内洗浄の一種です。

 

ドイツ人医師マックス・ゲルソン博士により開発された、ガンの治療法として大きな実績のある「ゲルソン療法」の一部であり、胃腸内視鏡分野では世界的な名医である新谷弘実博士も、自ら毎日行ない推奨する70年以上の歴史がある健康法です。

 

病院で行われる腸内洗浄は、
専用の装置を使って、圧力をかけて行うものが多いようですが、
コーヒーエネマは圧力はかけず、薬も使わない自然な流れにより、
洗腸液の注入・排泄を行うため、身体に負担がかからず、
クセになって腸の動きが悪くなるといった心配もありません。

 

⇒腸を整えるための毎日の習慣としてこちらもおすすめ

自宅で手軽に気軽にできる

なんといっても自宅でできるというのは大きなメリット。
コーヒーエネマは、専用のキットとコーヒーさえ用意すれば、
簡単に自分で行うことができるため、
とても手軽で効果的な腸内洗浄と言えるかと思います。

 

自分ひとりで気軽にできるのも魅力の1つ。
病院で先生にやってもらうのに抵抗がある人には、特にこの点は大きいですよね。

 

安い費用でできる

病院で腸内洗浄をすると1回あたり約1〜2万円程度かかりますが、
コーヒーエネマなら、専用器具を1万円以下で買えますから、
それを買ってしまえば、あとは専用のコーヒー代が1回あたり約200〜300円程度なので、
継続するにあたり、経済的な負担が少なくて済むのも大きな魅力です。

 

他のページでも書いていますが、私もこのコーヒーエネマを定期的に行なっています。
個人的に病院に行って、他の人にやってもらうのは抵抗があるのと、
やはり費用が高いというのがネックで自宅でやることを選択しました。

 

上記のとおり、自宅でいつでも好きなときにできる手軽さと、
最初にキットを買ってしまえば、安価に実行できるのが魅力ですね。

 

大腸の左部分を洗浄

コーヒーエネマは病院で行う腸内洗浄に比べて、注入する液の量は少ないので、大腸全体を洗浄することはできませんが、特に汚れが溜まりやすく、ほとんどの大腸がんの発生箇所となる大腸の出口部分である左半分を洗浄するため、大きな効果を期待できます。

 

また、大腸の左半分だけを洗いますので、
毎日行ったとしても、免疫機能が集中している小腸の動きを邪魔することもありません。

 

<< 前の記事|自宅でできるコーヒーエネマ次の記事 >>


腸内洗浄には抵抗があるという方には・・

腸内環境を整えるライザップのビフィズス菌
バイタルフローラは、腸内環境を良好にするライザップが開発したビ機能性表示食品です。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536が活きたまま腸に届き、ラクチュロースが、すでに存在するビフィズス菌を増殖させることで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

腸内環境を改善したい方は、ぜひこのサプリメントを始めてみてはいかがでしょうか。

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから

このページの先頭へ戻る