腸について

腸の大切さについて

腸は第2の脳の呼ばれるくらい大事な臓器です。
この腸を綺麗に健康に保つことということは、免疫力を高く保つということ。
つまりは健康上ひじょうに大切なことなのです。

 

ここではそんな腸に関する知識をいくつか紹介していきます。
腸内洗浄の必要性が今よりも分かるはずですよ。

 

腸の役割とは

そもそも腸とはどの臓器を指すのでしょうか。
またそれらの腸の役割にはどんなものがあるのでしょうか。

 

幸せは腸で作られる?

意味がわからないかもしれませんね。幸せが腸で作られるなんて....
でも、ちゃんと研究の結果があってのことなんですよ。

 

腸内環境は日和見菌しだい

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しています。このうち最大勢力を誇るのが日和見菌で、これがどちらに加勢するかで腸内環境は決まるのです。

 

免疫細胞の約7割は腸で作られる

免疫機能を働かせるための細胞って、多くが腸で作られているんだそうです。
健康を作っているのは腸だと言っても過言ではないくらいです。

 

頭脳と腸脳

最近の研究から腸は「第2の脳」とも呼ばれるようになってきました。
人によっては「頭脳」と「腸脳」なんて呼んでいる人もいるようですよ。

 

風邪は腸がひかせている

ストレスをかかえると腸の中で幸せ物質の生産がストップ。
悪玉菌が増えてしまい免疫が下がってしまいます.....

 

腸を使わないと脳は老化してしまう

頭を使わないと脳みそが働かなくなるよ〜なんてことはよく聞きますが、
腸を使わないと老化するなんて聞いたことないですよね。どういうことなんでしょうか。

 

腸相を良くするには酵素

元気で健康な人の腸はとても綺麗なんだそうです。
そして、綺麗な腸相にするには、酵素の働きが欠かせないのです。

 

腸が汚れていると体を老けさせる

腸は一番最初に老化する臓器。腸内環境が悪いと腸は老化し、
その影響は全身に及んでしまいます。つまりは体全体が老化してしまうということです。

 

適度な運動が腸の働きを活性化させる

運動をすることは腸の働きを良くするために効果的。
腸が元気になるということは、幸せ物質の生成も促されて幸せな気分になれるんですよ。

 

腸内洗浄には抵抗があるという方には・・

腸内環境を整えるライザップのビフィズス菌
バイタルフローラは、腸内環境を良好にするライザップが開発したビ機能性表示食品です。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536が活きたまま腸に届き、ラクチュロースが、すでに存在するビフィズス菌を増殖させることで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

腸内環境を改善したい方は、ぜひこのサプリメントを始めてみてはいかがでしょうか。

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから

このページの先頭へ戻る